Home > 文化財公共施設 > 西原の塔

西原の塔

西原の塔
所在 西原町翁長
建立年月日 昭和30年7月
(昭和42年6月改修)
合祀者数 7,000余柱
管理団体 西原町

 西原村(現在は西原町)は沖縄戦当時、日本軍の飛行場があったうえ、司令部が置かれた首里攻防をかけた激戦の地であったため、住民の47%が死亡するなど多くの被害を出した。
 この塔は、旧役場敷地内に2万5000B円(米軍占領下で流通した貨幣)を投じて建立され、戦争でなくなった村民、村内で戦死した軍人、軍属ら7,000柱余りが合祀された。

西原の塔の沿革

 西原の塔は、日露戦争、第一次世界大戦、支那事変等の戦場で亡くなられた英霊を祀るために、昭和16年頃、当初、「忠魂碑」と称して建立されている。その忠魂碑は、去る沖縄戦で破壊された。
 沖縄戦で最も激戦地の一つとなった本町では、住民の約47%が戦禍で散ったが、生き残った村民が協力して村内各地の野や山で風雨にさらされていた兵士や村民の遺骨を収集し、現在地に納骨した。
 1955(昭和30)年、沖縄協会の援助と村民の奉仕作業及び寄付金運動によって忠魂碑の全面改修を行い、「西原村慰霊塔」と称した。その時、収骨、合祀した英霊は1,700余柱であった。
 さらに、1968(昭和43)年5月、再び改修を加えて「西原の塔」と改称した。合祀柱数は2,000余柱となった。
 その後、沖縄戦において西原村内で戦没した県外出身者、村外本県出身者の確認もでき、英霊の柱数も増えた。併せて村内出身者の軍人、軍属、一般戦闘協力者、村出身外地戦没者も含む英霊の遺族台帳の整備を進めるとともに、1976(昭和54)年以降現在まで7,068柱である。
 1985(昭和60)年には、「西原町非核反戦平和都市」を内外に高らかに宣言し、より積極的な各種平和事業を推進している。
 1992(平成4)年、本土復帰20周年を迎え、その記念事業として、沖縄戦の教訓を後世に伝えるとともに、反戦平和、恒久平和、を全世界に訴えつづけるために、「モニュメント」を建立した。
 なお、毎年10月、この西原の塔において、恒久平和の祈りと諸英霊の冥福を祈り、戦没者追悼式が行われている。

西原の塔

 西原町(当時、村)は第32軍司令部のあった首里城の東方に位置し、海岸線は東方に中城村の和宇慶、津波、南は与那原に通じ、東北から北部は上原及呉屋北方高地、そして更に坂田、棚原、西方に幸地から運玉森、首里の弁ヶ岳へと、正面は中城湾三方は高地で首里攻防の激戦地となる。当時の村長小波津正光は村民の北部への疎開を実行に移し、第一陣を3月24日頃、北部へ誘導、。更に村にとってかえし、第二陣を纏めたところで、米軍の4月1日上陸、僅か2日で島を中断される状況下、北部移動は不可能となり、ある家族隣人等は自家壕に潜み、戦線の近迫と共に多数の村民は砲空爆の中、本島南部へ移動、遂に多数の犠牲者を出す。
 昭和20年5月4日の軍の総攻撃は右翼隊として第24師団(山3430)、第89連隊 山3476部隊(金山均大佐指揮、後糸満市新垣後原にて爆雷による自刃、司令部ごと玉砕)の第三大隊(和田博大尉)は小那覇、嘉手苅、内間での激戦で多数の戦没者が出る。又、第一大隊(丸地軍治大尉)は呉屋北方高地(現琉球大学)に奇襲攻撃をかけ占領すると米軍の猛反撃で大隊長以下殆ど全滅。第24師団(山3430)第22連隊(吉田勝中佐、山3474部隊)の第11隊は、夜半、幸地まで前進するも、白曉には米軍戦車隊の猛攻で破滅される。総攻撃前には上原から幸地に到る攻防戦は熾烈を極め、特に幸地附近は一週間にわたり、取ったり 取られたりの激戦が続き、当時他府県でも毎日戦闘状況が報道された所である。
 西原村の住民をまきこんだこれ等の戦闘は、一家全滅世帯数476家族に及び、激戦地の小那覇で65家族、我謝で68家族、翁長で71家族におよんでいる。西原村における戦没者は実に5,016柱に達し、村民の46.9パーセントの命が失われた。

顕彰碑・歩兵第八十九連隊山

顯彰碑(けんしょう)
歩兵第八九聯隊
昭和56年3月21日 建立
八九会 建立者

碑文

 歩兵第89連隊は昭和14年満州に創設され爾来兵員補充地を北海道とし 第5隷下第24師団に所属 軍旗の下に団結東部ソ満国境守備の重責を全うす とき移り日本が国運を賭して戦った大東亜戦争末期 戦局の逼迫に伴ひ 精鋭第3大隊の中部太平洋派遣をはじめ、多くの戦友を各地戦域に送る しかれども戦局の推移好転せず
 昭和19年7月連隊主力も沖縄防衛の重任を担うかくして日本が総力をあげた戦は 善戦苦闘の甲斐むなしく連隊将兵の多くはふる里を遠く離れた異境の地に屍を埋め 悠久大義の下祖国に殉ず沖縄守備に任じた連隊主力は昭和20年3月より連合軍侵攻を遊撃 80余白の永きに亘り凄絶な死闘を重ね連隊長金山大佐以下2千6百余名が玉砕終焉を迎へた 特に此の西原一帯は沖縄戦最大の激戦となった5月4日の第32軍総攻撃に連隊は総力をあげて勇戦敢闘数昼夜に亘りたるも 遂に矢弾つき将兵の多くはこの戦闘に斃るまた此の戦闘に協力せる多くの現地村民も祖国の為に運命を共にせり
 これら国難に殉じた尊い犠牲が 日本の平和と子孫の安寧を築く礎石となった崇高な歴史を永く後世に伝へ顕彰する為 西原町の協力を得て戦友と遺族の集いである八九会が此の稗を建てる

歩兵第89連隊丸地大隊戦没者慰霊碑



観世音の像(石独立歩兵第11大隊)

慰霊顕彰碑
石独立歩兵第十一大隊
昭和51年10月 建立
石部隊独立歩兵第十一大隊
昔陽会一同 建立

魂魄(独立二十八大隊・海上挺身隊慰霊碑)

独立二十八大隊慰霊碑(魂魄(こんぱく))
独立二十八大隊碑
平成7年4月吉日 建立
郷田誠一 建立者


外地戦没者之碑



地図

担当課