Home > お知らせ > 母子及び父子家庭等医療費助成事業平成29年4月1日診療分より、「自動償還」制度がスタートします。

母子及び父子家庭等医療費助成事業
平成29年4月1日診療分より、「自動償還」制度がスタートします。

 これまで、医療費の助成金を受給するためには、町役場窓口で申請する必要がありましたが、平成29年4月1日以降に受診した医療費は、自動償還制度(役場窓口で申請手続きを行わなくても、自動的に医療費が受給者の口座へ振り込まれる制度です。 ただし、これまで通り、医療機関でのお支払いは必要です。)が利用できます。

給付方法

対象 / 母子及び父子家庭等医療費助成受給対象者
現在
償還方式
(窓口にて手続き)
4月1日より
自動償還方式
(窓口での申請手続き不要)

【自動償還制度】を利用するには?

 県内の各医療機関および、調剤薬局の両方の窓口で、健康保険証と受給資格者証(自動償還用)を一緒に提示してください。受給資格者証の提示がない場合は「自動償還払方式」による助成金の支給が出来ません。

振込日について

 各医療機関および、調剤薬局での支払いから2か月後の25日に振り込まれます。

こども福祉課の窓口での手続きについて

 制度を利用するために、新たな手続きの必要はありません。ただし、受給資格者や加入している健康保険の変更、助成金の振込口座の変更、住所変更、婚姻した等、対象者に何らかの変動があった場合、窓口にてお手続きをお願いします。

自動償還用の受給資格者証(わかくさ色)について

 現在、すでに受給資格者証をお持ちの方には、自動償還用の新しい受給資格者証(わかくさ色)を平成29年3月下旬に郵送します。受給資格者証(きみどり色)は、お手数ですが破棄をお願いします。

「自動償還制度」の取扱い対象外について

 以下の場合は「自動償還制度」の取扱い対象外となります。これまでどおり、こども福祉課の窓口で領収書を持参の上、支給申請手続を行ってください。

  1. 沖縄県外で受診した場合
  2. 自動償還を導入していない医療機関で受診した場合
  3. 受給資格者証を提示せず受診した場合
  4. 平成29年3月31日までに受診した場合

その他注意点

※就学前のお子さま、および、中学生までの入院については、「こども医療費助成」の受給対象となります。「母子及び父子家庭等医療費助成」の対象外となりますので、ご注意ください。
※ 医療費が高額の場合、その他の制度で給付を受けることが可能かどうか、確認した上での給付となります。
※ 助成対象外となる医療費について
・学校保険が適用される(学校でのケガ等)
・保険適用とならない(診断書、予防接種等)
・その他制度で給付を受けることができる。
・入院時の食事療養費等

お問い合せ

福祉部こども福祉課 子育て支援係 TEL:098-945-5311

担当課