Home > 支援情報 > 第2回 西原町がんばる事業者応援金給付について

第2回 西原町がんばる事業者応援金給付について

1.内容

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、令和3年5月23日から続いている沖縄県の緊急事態宣言の影響により、令和3年の売上が減少した町内の中小企業者・個人事業者を支援するため、沖縄県感染拡大防止対策協力金及び沖縄県大規模施設等協力金対象外となっている事業者に対して、『第2回西原町がんばる事業者応援金』を給付いたします。

2.給付額

1事業者あたり 法人:20万円、個人事業者:10万円

※第1回の応援金を受給した事業者も対象となります。

※予算の範囲内での給付となります。

※第1回応援金および本応援金は、翌年の申告対象となります。

3.給付対象者(※下記の要件をすべて満たす者)

  1. 令和3年5月31日以前から町内に主たる事業所を有し、今後も町内で事業を継続する予定の者
  2. 中小企業基本法第2条第1項に掲げる中小企業者等に該当する者
    ※資本金の額、又は従業員数が下記の基準以下に該当する法人及び個人事業者
業種 資本金の額又は出資の総額 常時使用する従業員の数
①製造業、建設業、運輸業その他の業種(②~④を除く) 3億円以下 300人以下
②卸売業 1億円以下 100人以下
③サービス業 5千万以下 100人以下
④小売業 5千万以下 50人以下
  1. 令和3年6月から8月までのいずれかの月の売上高が、令和2年(又は令和元年)同月の売上高と比較して20%以上減少している事業者

    ※ただし減少額が、法人においては2万円未満、個人事業者においては1万円未満の場合は対象になりません。

    ≪比較参考例Ⅰ(原則)≫

    • 令和3年6月 ⇔ 令和2年(又は元年)6月の売上高
    • 令和3年7月 ⇔ 令和2年(又は元年)7月の売上高
    • 令和3年8月 ⇔ 令和2年(又は元年)8月の売上高

    ≪比較参考例Ⅱ(特例)≫ 令和元年~令和3年中に開業した事業者

    • ①令和3年開業:減少月から1月 ⇔ 開業月~5月までの月平均売上高
    • ②令和2年開業:減少月から1月 ⇔ 開業年の開業月~12月までの月平均売上高
    • ③令和元年開業:減少月から1月 ⇔ 開業年の開業月~12月までの月平均売上高
    • ※令和元年中に開業した事業者については、令和3年6~8月までのいずれかの月と令和2年同月の単月比較も可能

    ※年の途中で開業した事業者の申請については、手引きをご確認お願いします。

4.申請手続き

提出先

郵送
〒903-0220 西原町字与那城140番地の1
西原町役場 産業観光課 商工観光係
メール
syoukoukankoutown.nishihara.okinawa.jp

5.申請期限

令和3年10月1日(金)~令和3年12月20日(月)
※郵送の場合は、消印有効

6.提出物

必要書類

  1. 申請書(様式第1号)【Word:25KB】【PDF:239KB】申請書記入例【PDF:243KB】
  2. 売上高推移表 【Excel:25KB】【PDF:31KB】
  3. 売上高が減少していることがわかる書類(令和3年減少月の売上台帳等)
  4. 法人
    ・比較対象年の確定申告書等の写し
    ・法人事業概況説明書(1、2ページ)の写し
     ※開業後決算月未到来等により確定申告を行っていない場合は、法人設立・設置等申告書の写し
    個人事業者・青色申告
    ・確定申告書B(別表一)及び青色申告決算書の写し
    個人事業者・白色申告
    ・確定申告書B(別表一)及び収支内訳書の写し
     ※令和3年の開業により確定申告を行っていない場合は、開業届の写し
  5. 申請者の本人確認ができる書類の写し(※個人事業者のみ)
  6. 沖縄県の営業時間短縮協力金の対象外とわかる書類(※飲食店のみ)
  7. 誓約及び同意書 【Word:18KB】【PDF:128KB】
  8. 振込先が確認できる通帳等の写し
    ※口座番号と名義人(カタカナ)が記載されている箇所
  9. 新型コロナウイルス感染症影響調査(事業者用) 【Word:24KB】【PDF:145KB】
  10. その他書類審査で必要となる書類(追加提出を求めることがあります)

お問い合わせ

西原町役場 産業観光課 商工観光係
TEL:098-945-4540(平日9:00~16:00 ※お昼休みを除く)
FAX:098-945-4580
E-mail:syoukoukankoutown.nishihara.okinawa.jp

このページの先頭へ