Home > 新着情報 > 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性のみなさま 成人男性の風しん抗体検査・予防接種について

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性のみなさま
成人男性の風しん抗体検査・予防接種について

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性は、これまでに風しんの予防接種を受ける機会がなかったため、風しんに対する抵抗力がある方(抗体あり)が他の世代に比べて低くなっています。 風しんの感染拡大防止のため、この世代の男性を対象に、2019年4月から風しん抗体検査および予防接種を実施することになりました。

 事業開始当初の2019年度は、抗体検査希望者の医療機関への集中と混乱を避けるため、次の方が対象となります。 対象者には抗体検査・予防接種を受けるためのクーポン券を送付します。2019年度の対象者の方には5月末にクーポン券を送付しています。

2019年度対象者:昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性

クーポン券の有効期限は1年間(2020年3月31日まで)です

 ※2019年度のクーポン券送付対象者以外(昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれ)の男性で抗体検査を希望される方は、個別でクーポン券を発行いたしますので、健康支援課(098-945-4791)までご連絡ください。

抗体検査・予防接種までの流れ
※画像をクリックするとクーポン券(イメージ)が拡大されます

風疹抗体検査・予防接種を受ける際の持ち物

風疹抗体検査
1.風疹クーポン券、2.現住所がわかる本人確認書類(免許証など)
予防接種(十分な抗体がないことが判定された方は予防接種を受けます)
1.風疹クーポン券、2.風しんの抗体検査結果が記載された受診票、
3.現住所がわかる本人確認書類(免許証など)

風疹抗体検査・予防接種ができる場所

  1. お勤め先の職場の健康診断でうける
  2. お勤め先の担当者へお尋ねください。

  3. 病院でうける
  4. ・病院によって実施状況が異なります。(健診と一緒に風疹抗体検査を受ける場合に受付可、風疹抗体検査のみでの受付可 など)必ず事前に電話でご確認をお願いいたします。

    ・全国各地の病院で抗体検査・予防接種が受けられます。(実施医療機関は厚生労働省のHPに掲載)

成人風しん抗体検査・定期接種実施機関一覧表

中部地区医師会【PDF:128KB】
南部地区医師会【PDF:104KB】

外部リンク

風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)
風しんの追加的対策 Q&A(対象者向け)(厚生労働省ホームページ)【PDF:152KB】

 風しんとは…『三日はしか』ともいわれ、風しんウイルスの飛沫感染により発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状があらわれます。風しんにかかると、身近な方へ感染するだけでなく、 妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんが先天性風しん症候群(先天性の心疾患、難聴・白内障)をもって生まれてくる可能性が高くなります。

お問い合わせ

福祉部 健康支援課 保健予防係 TEL:098-945-4791

担当課