Home > 新着情報 > 成人男性の風しん抗体検査・予防接種について

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性のみなさま
成人男性の風しん抗体検査・予防接種について

クーポン券の利用期限が3年間延長となり、令和元年度~令和3年度に送付したクーポン券は、令和4年度も使用できます。

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、これまでに風しんの予防接種を受ける機会がなかったため、風しんに対する抵抗力がある方(抗体あり)が他の世代に比べて低くなっています。感染拡大防止のため国の風しん対策として、この世代の男性を対象に、風しん抗体検査(検査結果で十分な抗体がない方への予防接種)を実施しています。
 令和3年度までの実施期間が令和6年度まで延長となりましたので、すでに対象者へ発送されているクーポン券は、有効期限に記載の日付に関わらず、令和4年度も使用できます(詳細はこちら)。この機会に、早めの検査受診をおすすめします。

対象者

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

実施期間

平成31(2019)年度~令和6(2025)年度

費用

無料 ⇒ 抗体検査・予防接種を受けるためには、町が発行するクーポン券が必要です
※クーポン券を紛失された等でお手元にない方は、健康保険課へお問い合わせください。

風疹抗体検査・予防接種を受ける際の持ち物

風疹抗体検査
1.風疹クーポン券
2.現住所がわかる本人確認書類(免許証など)
予防接種(※抗体検査で十分な抗体がないと判定された方が接種対象者となります)
1.風疹クーポン券
2.風しんの抗体検査結果が記載された受診票
3.現住所がわかる本人確認書類(免許証など)

風疹抗体検査・予防接種ができる場所

  1. お勤め先の職場の健康診断でうける
  2. お勤め先の担当者へお尋ねください。

  3. 病院でうける
  4. ・病院によって実施状況が異なります(健診と一緒に風疹抗体検査を受ける場合に受付可、風疹抗体検査のみでの受付可 など)。必ず事前に電話でご確認をお願いいたします。

    ・全国各地の病院で抗体検査・予防接種が受けられます。(実施医療機関は厚生労働省のHPに掲載)

成人の風しん抗体検査・定期接種実施機関一覧

風しんの追加的対策について(厚生労働省ホームページ)

 風しんとは…『三日はしか』ともいわれ、風しんウイルスの飛沫感染により発熱や発疹、リンパ節の腫れなどの症状があらわれます。風しんにかかると、身近な方へ感染するだけでなく、 妊娠中の女性が感染すると赤ちゃんが先天性風しん症候群(先天性の心疾患、難聴・白内障)をもって生まれてくる可能性が高くなります。

お問い合わせ

健康保険課 保健予防係
TEL:098-911-9163

このページの先頭へ