Home > 暮らし・手続き > 有害生物 > 「セアカゴケグモ」、「ハイイロゴケグモ」にご注意ください

「セアカゴケグモ」、「ハイイロゴケグモ」にご注意ください

 特定外来生物に指定されているセアカゴケグモ・ハイイロゴケグモは、海外からの荷物と一緒に侵入したと考えられており、沖縄県内でも確認されています。

ゴケグモの特徴などは、次のリンクをご参照ください。

発見したら(対処方法)

  • 駆除する際は、軍手・手袋などを着用し、肌に触れないようにしてください。
  • ゴケグモ自体には、ピレスロイド系の家庭殺虫剤が効きます。
  • 卵のう(卵が入っている袋)に対しては、踏みつぶすなどの物理的な方法があります。
  • 1匹見つかったら、周囲にも潜んで切る可能性があります。
  • ご自身で対処する際は、咬まれないよう十分に注意しましょう。

咬まれた場合は

  • 局所の疼痛(とうつう)(ずきずきした痛み)、熱感、痒感(ようかん)(かゆみやチクチクした感じ)、紅斑(こうはん)(皮膚の赤い腫れ)、区域リンパ節の腫れなどを生じます。
  • 咬まれたときは、速やかに医療機関にご相談ください。
  • 病院に行く際は、咬んだクモの種類がわかるように、可能であれば殺したクモを持参ください。

お問い合わせ

総務部 生活環境安全課 TEL:098-945-5018