療養の給付

国民健康保険加入者が病気やケガで診療を受けるとき、国保の保険証を提示すれば費用の一部(一部負担金)を支払うだけで診療が受けられます。
職場をやめたり、あるいは社会保険の被扶者でなくなった場合、必ず14日以内に福祉保険課窓口で手続きを行って下さい。

保険証が使える診療

診療・治療、治療に必要な注射・薬、入院・看護、レントゲンや検査など

医療費の自己負担割合

区分自己負担割合
義務教育就学前2割負担
69歳まで3割負担
70歳以上1割負担
※昭和19年4月2日以降の誕生日の方は2割
※現役並み所得者は3割負担

お問い合せ

福祉部 福祉保険課 TEL:098-911-9163