Home > 暮らし・手続き > 国民年金 > 学生の保険料の納付猶予制度について

学生の保険料の納付猶予制度について

学生で収入が少なく収めることが難しい場合、在学期間中の保険料の納付を猶予できる制度があります。
猶予制度の承認を受けた期間については、10年以内であれば保険料をさかのぼって納めることができます。(3年度以上さかのぼる期間の追納については当時の保険料に加算額が上乗せされます)
さかのぼって納めた期間については、全額納付済期間として年金額が計算されます。

対象者

  1. 大学、短期大学、専門学校、高等専門学校、高等学校、専修学校および各種学校(就業年限が1年以上ある課程)や一部の海外大学の日本分校に在学している方。
  2. 前年度の所得が118万円以下の方

※前年の所得が118万円を超えていても、前年または今年に会社等を退職された方は、離職票か雇用保険受給資格者証のコピーを添付すれば、退職を考慮した特例もあります。

申請に必要なもの

  • 年金手帳
  • 学生証(コピー可)または在学証明書
  • 印鑑(本人が記入する場合は必要ありません。)

※代理で申請する場合、同一世帯でないときは委任状、身分証明書(免許証や保険証など)が必要になります。

平成28年度において学生納付猶予が承認されていて引き続き在学中の方は、3月下旬に基礎年金番号が印字されているハガキタイプの申請書が送付されます。
前年と同じ学校に在学する場合は、ハガキに必要事項を記入し郵送するだけで申請が出来ます。(この場合は、学生証や在学証明書の添付は必要ありません)
学校が前年度と変わっている場合や大学から大学院などへ進む場合は、改めて在学の事実確認が必要なためハガキでは申請できません。
総務部町民課窓口での申請が必要です。

お問い合わせ

総務部 町民課 住民年金係 TEL:098-945-5012

担当課