Home > 文化財 > 運玉森

運玉森

運玉森
種類 名勝
所在 西原町字桃原 恩玉原

運玉森(方言でウンタマモー、ウンタマムイなどという)は標高158.1メートルで、地質的には島尻層群のシルト質泥岩層と砂岩層からなり、地形的には急斜面からなるビラミッド状の稜線を持つ美しい山容である。

西原町と与那原町との境界に位置し、「西原富士」などとも称される。そのため、運玉森は西原町のシンボルとして町内の各小中学校の校歌や町歌などに取り入れられている。運玉森頂上付近から眼下に集落や町並み、知念半島、中城湾に浮かぶ島々が見渡せ、風光明媚なところである。

また、その昔、運玉森には義賊「運玉義留(ウンタマギルー)」が隠れ棲んでいたと伝えられる。運玉森には両方の御嶽があり、西方は安室で、南方は大見武の拝所となっている。かつて、山は安室や桃原部落のカヤモーであった。

沖縄戦当時、ここで日米両軍の激しい戦闘が展開された。戦後、不発弾の自然発火により、いくどとなく山火事が起きた。

地図


より大きな地図で 西原町の文化財 を表示

担当課