Home > 文化財 > 翁長の焚字炉

翁長の焚字炉

翁長の焚字炉
種類 有形民俗文化財
所在 西原町字翁長

翁長ガニク(馬場)の一角にある焚字炉はフンジュルーと呼ばれ、字を書いた紙(字紙)を焼いた炉のことである。

これは中国明代の敬惜字紙の風習が伝わったもので、1838年来島した冊封使林鴻年が、文字を敬重し、字紙を敬うことを説き、焚字炉を設置させたのに始まる。そのころ翁長にも焚字炉が設置されたのだろう。同じ頃、沖縄本島各地の番所(役所)や村屋などに設けられたが、大正時代以降、焚字炉も少なくなった。

現在、翁長の焚字炉は屋根の部分を残すのみであるが、戦前まで完全な形で保存されていた。

地図


より大きな地図で 西原町の文化財 を表示

担当課