Home > 暮らし・手続き > 町史・文化財 > 町の文化財 > 棚原の弥勒(ミルク)

棚原の弥勒(ミルク)

棚原の弥勒(ミルク)
種類 無形民俗文化財
所在 西原町字棚原

弥勒は仏教で説く弥勒菩薩のことで、いつのころからか沖縄では、古来のニライカナイの信仰と合体して、海の彼方の楽土から豊年を運んでくる五穀の神と考えられ、豊年のことを弥勒世(ミルクユー)とか弥勒世果報(ミルクユガフー)と称するようになった。弥勒神は沖縄全域にわたって伝承されている来訪神で、布袋(ほてい)の仮面を被ることで知られる。布袋は、中国に普遍的である弥勒仏の変身した姿とされる。

沖縄での弥勒信仰の発祥地は首里で、「赤田首里殿内 黄金灯籠さげて あれがあかがれば 弥勒世果報」と歌われている。棚原の弥勒も首里赤田から伝わったという。棚原ノロ殿内の祭壇には弥勒が祀らてている。

旧8月15日には弥勒の仮面を頭から被り、神衣装を着け、世果報を祈願する弥勒踊を行う。また、旧12月20日にはウマリトィタティと称して、この年に生まれた赤子らの誕生を弥勒神に報告し健康を祈願する。

地図


より大きな地図で 西原町の文化財 を表示

担当課