Home > 暮らし・手続き > 町史・文化財 > 町の文化財 > 内間御殿のサワフジ

内間御殿のサワフジ

内間御殿
種類 天然記念物
指定 西原町指定 平成24年5月8日
所在 西原町字嘉手苅 上之松

このサワフジ(サガリバナ)は、樹齢約400年と言われており、本島内で古い老木の内のひとつである。樹高約6m、胸高約2m、枝張りが東西方向に7.4m、南北方向に7.2mである。
 サワフジは、常緑小高木で、アフリカ東海岸から東南アジア、太平洋地域に到る広い範囲に分布し、北限は奄美大島である。 普通、海岸付近の低湿地、マングローブ背後の湿地または内陸の河川沿いの湿地に生育し、しばしば群生する。
 葉は長さ20~30㎝の長楕円形で小さな鈍鋸歯があり、枝先にまとまって付く。 夏になると、葉のわきから直径5㎝、長さ50㎝の総状または穂状の白または淡紅色の花序が垂れ下がり、たくさんの花をつけて美しい。 サガリバナの和名はこれに基づく。花は直径約5㎝で、白から淡紅色に変わり、多数の雄シベがある。ひとつひとつの花は一日で散ってしまうが、穂状花序に残っている
つぼみが咲くので、しばらくは花見を楽しむことが出来る。ただ、開花の時刻が夕方より夜間になるので、気をつけないと見過ごしてしまう。 地元ではその花の形状が、鳩目銭をぶら下げているのに似ていることから、ジンカキーギー(銭掛け木)などと呼んでいる。
 果実は、長さ4~7㎝のやや角張った長楕円形で、軽い繊維質の外皮を持ち、水に浮いて運ばれ繁殖する。果実や樹皮を突き砕いて魚毒とする。
 2003(平成15)年12月26日、沖縄県の「おきなわの名木」に内間御殿石垣内のフクギと共に認定された。また、2012(平成24)年5月8日には、西原町指定の天然記念物となった。


▲内間御殿のサワフジ周辺地図

地図


より大きな地図で 西原町の文化財 を表示

担当課