Home > 文化財 > 西原間切棚原村から伊田親雲上宛の板証書

西原間切棚原村から伊田親雲上宛の板証書

西原間切棚原村から伊田親雲上宛の板証書
種類 有形文化財 古文書
指定 西原町指定 昭和62年8月7日
所在 西原町字棚原

この板証書は1869年(同治8年=明治2年)に作成され、制作者は不明である。縦135.0 センチ、横40センチ、厚さ1.2センチの板に端正な楷書を用いて、候文で470字の文字が刻印されている。

内容は、「道光年間(1821~1850年)に西原間切棚原村は自然災害によって疲弊し、140万貫にもおよぶ多額の負債をかかえた。それを聞きつけた伊田親雲上は、百姓たちが立ち直れるようにいろいろと援助し、そのおかげで農作業もうまくいき、年貢や諸上納も完納することができた。その御恩を、子々孫々にいたるまで忘れないためにこの感謝状(板証文)を贈呈した。」というものである。

西原町に関する古い記録が少ないなかで、板に刻印された珍しい証書であると同時に、当時の棚原村の社会状況を知る上で極めて貴重な資料である。

担当課