Home > 文化財 > 我謝遺跡

我謝遺跡

我謝遺跡
種類 史跡
所在 西原町字我謝、与那城

我謝遺跡は、我謝及び与那城集落の後背、現在の西原ハイツの地に形成されていた、グスク時代の遺跡である。

そこは標高40~50メートル前後の小丘陵上に位置し、通称「クガニムイ(黄金森)」とか「ガージャモー(我謝森)」などと呼ばれ、かつて字我謝の「殿」があった。 約37,000平方メートルの広範囲な面積に遺物包含層が点在していたが、1981年から82年にかけて3次にわたり、大型宅地造成工事に伴う緊急発掘調査が実施された。

出土した遺物はバリエーションに富み、グスク系土器を主体に輸入陶磁器、須恵器などに代表されるように、比較的古い時期のものが出土している。九州からの輸入品とも考えられる滑石製の石鍋片もある。 膨大な量にのぼる遺物は、大半がグスク時代に形成された時期に存在した遺跡から出土したものである。時期的には各地点別に新旧の差があり、沖縄貝塚時代後期からグスク時代にまたがり、 特にグスク時代でも13世紀~14世紀の古手のものが含まれ、さらに17世紀ごろの古島の時期まで連続して生活の舞台となったところである。

また、輸入陶磁器には古手のものがあり、青磁では、酒会壷や複弁を作る連弁文碗や内面に草花文を刻む劃花文碗などがある。白磁では口禿の口縁を玉縁に形成する碗などが出土している。 さらに、天目茶碗など本遺跡の形成された時期の判断を示す目安にもなっている。その他、魚骨、牛の遺存骨、炭化米、麦などの自然遺物が出土している。

我謝遺跡の周辺地域は灰色のジャーガル土壌地帯を形成していたことから、当時の開発の一端を知る遺跡として注目された。現在、遺跡の一部を残して大部分は消滅し、宅地に変わっている。

我謝遺跡

地図

担当課